2008年04月08日

スローな「人生訓」にしてくれ

今の「出版界」の不況はほんとに深刻なんですよ。

MPCの現状も
とるものもとりあえず「売り上げ至上主義」。
「売れる企画を出せるか?出せないか?」がすべてなんですね。
「ロングセラー」は減る一方だし。

厳しいなあ。
企画に携わる人間として
ときどき「だあっ!どうせいっちゅうんじゃあ?!」
とキレそうになることがあります。

なんか余裕がなくなっちゃいましたね。

そんな情況があって
今日読んだ岡崎武志の新刊『女子の古本屋』では
内容より「あとがき」の方が印象に残りました。

おまけに岡崎氏自身の言葉ではなく
早稲田の二代目古書店店主「向井透史」さんの言葉だから
岡崎氏の立場はないが
いい言葉だったし
岡崎氏もそんなことを気にするひとではないと思うので
引用させてもらいます。

すなわち

「価値のあるもの」を買うのではなく、
「自分で価値を作れる」人間は強い

というもの。

人間、すべからく、こうありたいものです。

ちょっと感動。
posted by 今夜も前祝い at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。