2008年04月07日

東北沢の「居酒屋T朗」

「サンデー毎日」の巻末の方に
「なぎら健壱」の「居酒屋訪問」みたいな
グラビア連載があるのですが
なぜか今回はゲストで「原田芳雄さん」が登場していました。
原田さん、なぎら健壱の高校の先輩なんだって。

で、もっとびっくりしたのは
舞台の居酒屋が
昔「ホームグランド」のような店だった
「T朗」だったのですね。

この店には大学の卒業前くらいから
通い始めたのですが
なんとなくずるずると常連になってしまい
20代の後半から40代の始めまで
出張の間を除けば、ほぼ毎日通い詰めという
「超常連」だったのでした。
カウンターの一番奥が「指定席」みたいになっていたのね。

横浜に引っ越してからは
さすがに足が遠のきましたが
今年の一月に「I藤」とカナルの吉田さんと三人で
新年会にいってきたばかりでした。

原田芳雄さんは店のすぐ近くにお住まいで
昔から家族やスタッフとよく飲みにきていました。
一時は暮れの最終日を借り切って忘年会をやっていましたね。

あと故人となった「松田優作」もこの店の常連で
(今の店の前、もう少し「井の頭通り沿い」にあった昔のころ)
閉店後も「勝手に飲んでいくから」といって
店の鍵を預かってウィスキーを飲んで朝方帰っていってたらしい。

そういえば昔早い時間に「T朗」のカウンターで飲んでいると
最近『越境者松田優作』を出版した「松田美智子さん」が
小さな女の子を連れて反対側のカウンターに食事をしにくることがときどきあって、
手伝いのおばさんに「あれが松田優作の元の奥さんよ」と
耳打ちされたこともありました。

土地柄か結構いろんな有名人の来る居酒屋で
プロレスラーの「ラッシャー木村さん」とは何度か
隣り合わせになり
一度出張帰りに寄ったらご一緒になり
「お久しぶりです。当方今夜は出張の帰りです」と言ったら
「いやあ私もいつもどさ回りの連続です」と
まじめな顔をしていうのがおかしくて
思わず吹き出したことがありました。

マスターの「おっちゃん」ももう70を過ぎたなあ。
ママもさすがに白髪が増えました。

ある時期、マスターと競馬予想をしていて
マスターばっかり当たる時期がありまして
「くっそお!中卒のおっちゃんに大卒の俺が
頭脳勝負でなんで負けるんじゃ?」
と愚痴をこぼしたら
ママに
「T野やん」って、ちょっと見頭よさそうなのに
「ほんとうに馬鹿よね」と笑われたこともありました。
(ふん、ほっといてくれんか)

なお、おっちゃんは「よみうり川柳」の常連で
ママも一度投稿した作品が「年間特別賞」に選ばれるなど
隠れた才能を開花させており、めでたい限り。

さっきママに電話して
「サンデー毎日見たよ」と言ったら
「あら、なんで知ってるの?」と
びっくりしてました。

(へへへ、俺はインテリやさかいに
「サンデー毎日」だって読んでいるんだぜ)

わっしが常連でいられた店なので
値段はとってもリーズナブル。
安いのにつまみはおいしい。
カウンターが広くくつろげる店です。

IMG_0179.jpg

東北沢の踏み切りの道を
井の頭通りに向かって進むと5分ほど。
大きな提灯が目印ざんす。
「居酒屋太朗」をよろしく。
(あ、今さら宣伝なんかしないほうがいいのか?)
posted by 今夜も前祝い at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。