2008年03月20日

「白い花」の咲くころ

今年もサクラの開花が早くなりそうで
はや「花見」と騒がしいけど
「サクラ」以外にもいろいろな花が咲きはじめる
うれしい季節です。

今の時期に咲く
「こぶし」や「ユキヤナギ」も味わいがあって好きだなあ。

両方ともここ十数年くらいになって初めて存在に気付き
名前を知った花です。

特に「こぶし」はいいねえ。

以前住んでいた久我山のアパート近くの
廃屋の庭に「こぶし」の大木があって
今頃になると枯れ木のような枝に
大きな白い花をいっぱいにつけて
ひっそり立っているのは
とても存在感がありました。

「花見」も大好きですが
どちらかというと、ああいう「こぶし」の花の下で
いちど静かにひとり酒を呑んでみたいな。

あと
子供のころから好きだったのは「オオイヌノフグリ」。
これはわかりやすい花で「幼稚園児」みたい。

イヌ9.jpg

ただしあくまで道端に咲いている風情がいいので
写真で見ると「ちょっと違う」ような気がします。
(あ「フリー素材」にケチをつけてるのではありませんよ)

酒も好きですが
花も好きになってきました。

これからはわっしのこと
「ポエマー・吟醸詩人」と呼んでほしいんですけど?
posted by 今夜も前祝い at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90268157

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。