2008年01月22日

「汁かけご飯」の快楽

年頭に「今年は自炊を頑張るぞ!」宣言をしたわりに
やっぱり面倒なので
あんまりやっておりませんが

「飯と味噌汁」は基本なので
とりあえず作っています。

味噌汁なんか夏はすぐ腐るので
大変ですが
今のシーズンだと作り置きがきくからね。

ここのところ馬鹿の一つ覚えみたいに
「豆腐となめこ」に三つ葉を入れた上品なやつを作っているですが
たまには「玉ねぎ」とか「「もやし」とかだけのシンプルなのもいいかな?

今のところインスタントの「本だし」を使っていますが
それも別にいいんです。(めんどくさいんだもーん)
とにかく
「きちんと美味しい味噌汁が作れる」というのは
意外にむつかしいよ。

ちなみに今までで一番うまいなあと思ったのは
上京した直後、肉体労働のアルバイトに行った時
飯場の昼飯で食った、ぶつ切りの長ネギたっぷりの味噌汁かな?
あのころは体力もあったけど
「空腹は最上のソース」(死語?)
という情況もあったにせよ
あれはおいしかった。

そういえば吉本隆明も
昔のエッセイで
「おかかとねぎに醤油をかけただけの弁当」の
想い出を書いていました。
あれも、それなりにしみじみとうまそうでした。

「最期の晩餐」に何を食うんだとか言われると
いろいろ迷っちゃうけど
とりあえずは、きっぱり「飯と味噌汁」があればいいかな?

てなわけで、今夜はこれから
冷たくなった飯に
あっためた味噌汁をぶっかけた「夜食」を食って寝ます。

今夜も寒ぶいよう!
posted by 今夜も前祝い at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。