2009年06月04日

イワシの干物

生まれ故郷の高知では
イワシといえばほぼ干物のことで
「ウルメ」と「ホタレ」の2種類があった。

いわゆる「マイワシ」は食卓にあがることは
なかったんじゃないか?
イワシを「刺身」や「塩焼き」で食べた記憶ってないような気がします。

「ウルメ」はやや高級「ホタレ」は下魚という位置づけでした。
「ホタレ」というのは「カタクチイワシ」または「背黒イワシ」の干物のことですね。

先日菊名の東急ストアで見つけて買ってきたのですが
これが安くてうまいんですよ。

なんにもないときこれを軽くあぶって
飯のおかずにしたし、
お茶漬けも実にさっぱりしていてよろしい。

そういえば最近ずっと改装中の
鶴見の駅ビルの地下にあった魚屋にも
よく「カタクチイワシ」の朝獲れが「生食用」として
一山めちゃ安い値段で並んでいたものですが
あれを手開きにして酢洗いや干物にすればよかったなと後悔しています。
再オープンはそろそろかな?

とくに酢の物は酒の肴として絶品。
あまり辛口でなくちょっと甘いほうがうまい。
「きゅうり」や「りゅうきゅう」(里芋の茎)なんかと和えると
さらにおいしいですよ。

以上、この夏チャレンジしたい酒の肴でした。
posted by 今夜も前祝い at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120844618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。