2009年04月11日

一か八か「桜花賞」

本日阪神の「牝馬ステークス」の
葦毛2頭を買ったら
人気薄の「ジョリーダンス」が突き抜け
(あ引退レースだったのね)
4番人気の「オディール」が追い込んで3着。

あらま1着3着でしたが
単勝、複勝、ワイド、三連複が的中。
桜花賞の元手ができました。

焼き鳥の店長に頼んできちゃいました。

「ブエナビスタ」一本かぶりですが
ふところに余裕がなく
ここは大きく儲ける馬券で勝負せざるをえないので
一か八かの勝負に出ます。

うーん、4番「ヴィーヴァヴォドカ」にしました。

内枠に逃げ馬が集中した上
ブエナビスタに勝とうと思えば
他の有力馬も早めに仕掛けてくるだろうから
逃げる「ヴィーヴァヴォドカ」には圧倒的な不利。

でもね
「女ディープ」なんて言われている「ブエナビスタ」に
死角があるとすればやはり勝ちタイムの遅さ。
圧倒的断然人気のわりに気になるところです。

昨年暮れのGTの勝ち方を見れば
もうこれでしようがないとわたしも思いましたが
今回は穴を狙います。

「ヴィーヴァヴォドカ」にはとにかく持ちタイムがある。

それに前走で破った葦毛の「ディアジーナ」は
ダービーニュースの本紙予想・長谷川仁志によれば
オークス直行というのは残念。桜花賞でも充分通用するのでは?といわれた逸材。

一か八かですが
勝負に出る根拠はあるのでは?

ほかの人気馬には決定的な根拠が見出せませんでした。

ちょっと気になったのは
「アイムカミノマゴ」という馬の
「カミ」というのが
「競馬の神様」といわれた故・「大川慶次郎」にちなんだ
名前だというのは気になったんですが
最近は武豊も不調だし、まいらんか。

というわけで
本日焼き鳥のS藤店長に
4からブエナビスタ、レッドディザイア、さらに大穴17を絡めた馬券を頼んできました。

パアになるのは覚悟。
ええい有り金勝負じゃあ!

「ヴィーヴァヴォドカ」が
最後の最後まで
本命党に冷や汗をかかせるような
ついでに腰を抜かさせるような
しぶといねばりを見せれば面白いんだけど。

散るのは覚悟。
でも勝負は時の運だからね。

グッドラック!



【レース結果】

かろうじて馬単だけ押さえましたが
お話にならない大惨敗。

ヴィーヴァヴォドカ
川田のコウエイハートの玉砕逃げという
予測もせぬ事態に万事窮しました。

ヴィーヴァヴォドカのレースをさせてもらえませんでした。

村田の「なにがなんでも行く」という
逃げ宣言に、思い切りのよさより
なんかひっかかる嫌な予感がありましたが
なるほどこいうことだったのか。

ひーん!

阪神・10R
第69回桜花賞(GI)

1着 9ブエナビスタ
2着 18レッドディザイア
3着 15ジェルミナル

単(9) 120円
複(9) 110円
 (18) 270円
 (15) 330円
枠連 5−8 550円
馬連 9−18 640円
馬単 9−18 780円
3連複
9−15−18 2,480円
3連単
9−18−15 5,680円
ワイド
9−18 320円
9−15 420円
15−18 1,650円

posted by 今夜も前祝い at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。