2008年12月11日

「ぬか床」到着

昨夜帰宅すると「太朗」のママから
「ぬか床」が「ぬか」と一緒に届いていました。

すでにきゅうりと大根を漬けてくれてあった。
「古いぬか床を少しとって増やして」くれたんだって。
味見をしてみたらOKだったそうです。
(食ってみたら深漬になってて「クラッ」ときました)

というわけで「門外不出の秘伝のぬか床」の
おすそわけに預かることができました。
やったー。

「自分なりのぬか床に育ててね」
とママからメッセージが添えられていました。

かたじけない。大事にします。
TF65_03.jpg


野菜から水分が出るので
順次ぬかや塩や酒やにんにく、鷹の爪などを
加えて毎日かきまぜるようにとのこと。

まずは白菜と人参とセロリを漬けてみよう。
菜の花やみょうがなんかもそのうちに。

これで酒の肴とおかず代が節約できます。
ばんざい!


そういえば昔住んでいた家の隣は銭湯で(タダで入れた)
その隣はお米屋でした。

ここでもらった「ぬか」を炒って
上に丸い穴が開いていてUFO型をした「漬けビン」という
ガラスの道具で魚を獲りに行っていました。

「漬けビン」に水を入れその中に炒りぬかを入れて
ぐるぐる回してかき混ぜたのを川底に沈めると
あっという間に寄ってきたハヤやオイカワが
「漬けビン」に飛び込んできて出られなくなる
という超原始的な漁法でした。
あれは面白かったなあ。

TF64_13.jpg
posted by 今夜も前祝い at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。