2008年11月10日

「三幸園」ラーメン賛歌

神保町に「三幸園」という中華屋がありますが
ここのラーメンはうまい。

どれくらいうまいかというと
ここのラーメンを食うたびに
わたくしにはふと
「最後の晩餐」という言葉が思い浮かぶのですね。

ちょっと不思議なのですが
「最期の晩餐」という言葉が浮かぶのは
「三幸園」のラーメンを食っているとき以外ないんですよ。
これはほんと不思議。

ほかの店のどんなご馳走とか食べても
「最期の晩餐」なんて言葉を思い浮かべることはないので
なんでかなあ?

うまいことはうまいけど
ごくふつうのただのラーメンなのに
なぜそんなことを思うのでせう?

いつもこの店で注文するのは
ラーメンに半ライスで
「お客さん、ラーメンと半チャーハンじゃなくて半ライスですね」
と店員に確認されるのがちょっとうるさいですが
自分にとっては定番になっちゃった。

いよいよ「最期の晩餐」となれば
「半ライス」ではなく「大盛りライス」をたのんでみようかしら?

でも「最期の晩餐」が
ラーメン+大盛り飯って全然悪くないですね。
posted by 今夜も前祝い at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。