2008年07月01日

「悪筆は困る」の話

自分の字のまずさを
パソコンで補う習慣がついた結果
ますますひどい字を書くようになる
という悪循環に陥っております。

銀行・役所等の手続きとか
原画展に行ったときの記名の際とか
あるいは手書きでなくては失礼であろう相手への
宛名書きのときになって
「ああ、これは恥ずかしいや」と、絶望的になってくることが
最近増えました。

先だっては8月発売予定の「久下貴史作品集」のために
師匠にあたる山藤章二氏に推薦文の原稿依頼をするのに難儀をしました。
本来直筆で書くべきところですが、とても読めたしろものではなく
結局Wordの縦書き原稿にしました。

かろうじて封筒の宛名書きだけは
鉛筆で線を引いた上で手書きにしましたが
それでも酔い酔いに曲がってしまい
ひどく恥ずかしかったです。

おまけにいつもの癖で封印も糊ではなくセロテープでやってしまい
ポストに投函したあとで「あちゃー、やっちまった」とさらに後悔。

とどめを刺すように先々週
山藤先生から原稿が封書で届き
宛名書きからして
もう芸術といっていいような文字が並んでいるのを見て
感激と絶望の両方を一度に味わってしまいした。

自分もこれでも小学生のころは書道塾に通っていて
それなりに上位入選したりして
字は下手な方ではなかったのですが
どんどんだめになってきて
最近は自筆のメモ書きを自分で判読できない有り様なのです。

前の会社で出していた本で『ビジネス書道』という名著があって
「芸術書道」ではなく賞状書きとかの「実用書道」の本だったのですが
「なーるほど」と思ったのは「実用書道にとってまず大事なのは
字の巧拙ではなくてレイアウト」とあったことでした。
「目からウロコ」みたいでしたね。

ちょっと珠樹先生の新刊『イラストあそびレシピ』に共通するような
ところがあります。

あとは「丁寧な反復練習」かなあ?

だんだんダンスなんかにも通ずるような気がしてきました。

大きな課題です。



※追伸:「宝塚記念」報告

今年上半期の競馬の総決算「宝塚記念」の結果は?
という声がありましたので簡単にご報告。

結果は2着から6着まで大穴3頭を含むパーフェクト予想をしながら、
一番肝心な1着馬を蹴飛ばすというどうしようもないポカをやらかして
散りました。

肝心のレース中にうたた寝してしまい
ふっと気がついてTVを観たらジョッキ-の内田が映っていて
寝ぼけ眼のまま「あちゃー、ダメだこりゃ」と思い
その後の着順を見て「なんじゃあ、これは?」と逆上する結果に。

なんか今年のはじめに似たようなことがあってから
すっかり歯車が狂いはじめたのですが
前期の総決算がこれかいな?

やけくそで新横浜の焼き鳥に飲みにいったら
珍しく店長が馬単を本線で適中したそうで
おごってもらいました。

きーっ! 以上「宝塚記念」結果でした。

posted by 今夜も前祝い at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。