2008年06月24日

「のれそれ」の季節

「のれそれ」ってふつうの人はご存じないでしょう。

わたくしは高知県人なので存じ上げているのですが
「穴子の稚魚の生」のことです。

「イワシの稚魚の生」は「ドロメ」と言います。
(こちらのお寿司やなんかでは「生シラス」といってますね)

今日久々に「F一」に寄ったらお通しに「のれそれ」がでてきたので
おお珍しいと思った次第。

今頃の梅雨時が旬ですね。
産卵期に当たるのでしょうか?

出版業が余りに不景気なので
「漁師」とかに憧れたりするのですが
今さら転職は無理だろうな。
体力ないし。

でもちょっと「老人と海」を夢みているこのごろです。(続ク?)


posted by 今夜も前祝い at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。