2008年04月22日

「J-WAVE」オン・エア

朝起きると「腰痛」はかなり収まっていて
やれやれと思ったんですね。

ところが靴下を穿こうとしたら
「あれ???」
足のつま先に手が届かないんですよ。

しかたなく
「えいっ(左足)イテテテ」
「たあっ(右足)イテテテ」
無理して穿いたら直後に激痛が走り本日もリタイアするはめになりました。

楽しみにしていた「J-WAVE」は
ふとんの中で聴くことに。しくしく。

しかしほんとにうまく構成してくれたものです。
ラジオの「5分間」って意外に長いものなんですね。
たくさんの情報が盛り込まれており感心しました。

その上「株式会社エムピーシー」と「からくり切り絵」を
連呼していただき、社員一同感涙にむせんでおります。
「クリス智子」さま、ありがとうございました。

(上記の「靴下をはいてリタイア」のてん末は
本日の番組テーマ「やっちゃっいました」に応募したいところです。いてて)

※番組の内容は「J-WAVE」のホームページでもご覧いただけます。

http://www.j-wave.co.jp/original/boomtown/


4/22(TUE)
切り紙

江戸時代から、庶民の間で遊びとして親しまれてきた「切り紙」。 
折った紙を切り抜いて、広げたときの模様を楽しむ遊びなんですが、 
現在、この自分一人で簡単にできてしまう「切り紙」が、 
静かなブームとなっているそうなんです。 

そして昨年12月に発売された、「切り紙遊び」を現代風にアレンジした本、 
「からくり切り絵」が大人気ということで、 
続編である「からくり切り絵〜はさみでチョキチョキ編」が、 
20日に発売になりました。 

「切り紙」をする際に必要なものは、 
カッターと切る際に使用するカッティングシートとホッチキスのみ。 
カッティングシートの代わりに 
ボール紙を使ってもOKです! 

以上の道具を用意するだけで、 
あとは本に収録されている型紙を折りたたんで、 
カッターを使って切り抜いて、最後に切った型紙を開いて出来上がりです。 
この「手軽さ」が人気の秘密のようなんですが、 
「切り紙」ブームの理由は、他にもあるそうで… 
「からくり切り絵」の編集者である、 
株式会社エム・ピー・シーの【松本 まゆみ】さんは、 
※刃物を使うので、気持ちが集中できて、 
研ぎ澄まされた感覚ではまられる方が多いです。 
※折って小さい部分を切って、それを広げて見ますので、 
広げたときの感動がありますね。 
※最初は何を切っているかわからないんですけれども、 
広げたときにこんなに素晴らしいものができるんだ、 
という感動がありますので、そこを楽しんでいただければと思います。』 
とおっしゃっていました。 

『切り紙』…出来上がった作品を、額に入れて飾ったり、 
手紙に添えて送っている方もいらっしゃるそうです。 

そしておととい発売された「からくり切り絵〜はさみでチョキチョキ編」は、 
さらに手軽になって、ハサミとホッチキスのみで「切り紙」を 
体験することができます。 
お値段は税込みで、<1,365円>。 
この他にも、人気キャラクター「ダヤン」を扱った 
「ダヤンの切り絵」も発売中です。

12409.jpg

No.12「桐」にチャレンジしてくださった「クリス智子」さま


(以上「J-WAVE」より転載をご了解いただきました。)

posted by 今夜も前祝い at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。