2008年04月19日

超難解「2008皐月賞」

「やさしい競馬」なんてありえるはずもないけれど
今年の皐月賞はほんまに
わけがわかんないですね。

昨年の3連単160万馬券に加え
つい先週の桜花賞の700万馬券とかが頭にあるので
何を買ってもはずれそうな気がしませんか?

「日刊ゲンダイ」の名物馬券小説
『止まり木ブルース』でも
主人公の「健坊」があまり当たらないので
ついにヤケを起こし
一番人気の「マイネルチャールズ」の軸1頭マルチで
残りの全17頭相手に総流しをかけると
無茶苦茶なことを言い出す始末。

この買い方だと全部で816通りなんですね。
100円ずつ買っても81600円もかかるんです。

仮に1番人気で決まると9000円しか戻ってこないし
第一「マイネルチャールズ」が4着以下にこけたら
81600円丸損じゃん。

とてもそんな馬券を買う気にはなれませんが
でも「健坊」の気持ちはよくわかるような気がします。
ほんとここまで当たらないと
とにかく当てないことには明日がない。

では「複勝総流し」はどうか?
18点全部買えば絶対3点全部当たるぞ!
というわけで、これ一度やったことがありますが
確かに当たったけど全然儲からなかった。
「複勝」で10倍つくことってめったにないからなあ。

いやいや、今年の「皐月賞」は?

今回は「軸馬を決めて総流し」作戦かな?
と思ったのですが、その軸馬が決まらない。

迷いに迷った末「5頭の馬のボックス」でいくことにしました。

すなはち

5番 レインボーペガサス 安藤

6番 キャプテントゥーレ 川田
 
8番 ダンツウィニング 池添

9番 マイネルチャールズ 松岡

12番 ベンチャーナイン 武士沢

以上のボックスで「馬連」、「ワイド」、「3連複」の勝負。


「焼鳥」のS店長は

12番 ベンチャーナイン

14番 ノットアローン

15番 サブジェクト

の3頭で大穴勝負だそうです。

ふたりの見解が一致した唯一の馬が
「ブービー人気」の12番「ベンチャーナイン」というのも面白い。
(「怒濤の追い込み」があるか?)
まあ、あんまり期待できそうもありませんね。

ところで「競馬」というのはある意味「情報戦」なので
資料の「スポーツ紙」、「夕刊紙」は
結構たくさん買うのですが
いろいろ読んでいるうち
たまに「殺し文句」を書く記者がいるんですね。

当たり外れは無視して、それには乗ります。
だって面白いじゃないの。

今回の皐月賞予想でいえば
「夕刊フジ」の穴記者「水谷さん」の記事が出色だったかな。

「皐月賞はマイラーを買え」というリードで
「キャプテントゥーレ」を本命に押していましたが
わたしも買っていたのでちょいとうれしくなりました。

「当たる、当たらない」はとにかく
こういうのを見つけて賭けてみるのは楽しいよ。
(「キャプテントゥーレ」明日はやや穴人気ですが)

あと「ダービーニュース」本紙「長谷川さん」の
5と8を推す根拠も
「よし、乗った!」と思わせるところがありました。

とにかく明日は「ハレの日」なので
今日はこれから
新横浜の高島屋で買ってきた
「長崎県産 天然真鯛(卵付き)」の煮物をつくろうと思います。
つけ合わせは「絹サヤ」だね。

ああ、たまには日曜日に「祝杯」をあげてみたいよ。
posted by 今夜も前祝い at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。